なぜごま油か

油について説明しておきます。
アーユルヴェーダの古典の中には、ヒマシ油やヒマワリ油、マスタードオイル、ココナッツオイル、ゴマ油など、主に18種類の植物性油のことが書かれています。
他の油も使えないというわけではないのですが、その中でも最もいいのがゴマ油です。優れている点は次の通りです。
老化は体内の基本的な三つの生命のエネルギーの一つであるヴェーダ(風の要素)の過剰な働きによって起こります。
ヴェーダは軽くて冷たくて、不安定でカサカサしていて微細であるといった特徴を持っているので、これが増加すると体が乾いて軽くなり、寒さに弱くなることになります。
これに対して、あらゆる面で反対の働きを持っているのがゴマ油です。
ヴェーダをコントロールして、過剰にならないように緩和、鎮静するためには、ゴマ油が一番ふさわしいのです。
だから、老化防止に適しているのです。
最近の考え方として、他の油にくらべてゴマ油は酸化安定性が強いので、酸化しにくい、腐りにくい物資であることが分かっています。
活性酸素が過剰に働き、体が酸化することで生物が老化していくのではないかと考えられていますが、ゴマに含まれるゴマリグナンという成分-これはセサミンをはじめ、6種類の抗酸化物資の総称ですが、老化や生活習慣病の原因といわれる活性酸素を退治するのではないか、といわれています。